無限/夢幻の箱庭

言葉の数だけ世界は拡がる

CD・動画

この演奏家のこの1曲 #30DaySongChallengeクラシック版 15日目

遅れていた分サクサク書いていこう。今日は目次無しで。 カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の1975年来日NHKホールでの公演で演奏されたヨハネス・ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68。 ブラームス:交響曲第1番 他 アーティスト:ベーム(…

弾いてみたい曲 #30DaySongChallengeクラシック版 14日目

久々に書く。 ヴァイオリンを弾くからには演奏してみたい! オーケストラ曲 協奏曲 ソリストとして トゥッティとして ソロで 二重奏以上のアンサンブルで ヴァイオリンを弾くからには演奏してみたい! レッスンの振り返り記事を時たまあげることからわかるよ…

別れの曲 #30DaySongChallengeクラシック版 13日目

近頃は仙台も30℃を超える日もあるくらい熱くなってきた。梅雨入りしたとはいえ雨はあまり降らないようだ。湿度も低く過ごし易ければいいのだけれど。 告別 別れをタイトルに入れる曲いろいろ 別れの曲 葬送 告別 告別 別れをタイトルに入れる曲いろいろ なか…

長調の曲 #30DaySongChallengeクラシック版 12日目

随分と日を開けてしまった。さあ、続きを書こう。 いきなり短調の話をしよう さて、長調の曲 交響曲 協奏曲 室内楽 いきなり短調の話をしよう 「長調の曲」というお題なのに早速別の話題を始めようとするのはなんという情緒の安定しない行為であろうか、と思…

水にまつわる曲 #30DaySongChallengeクラシック版 11日目

答えが限られているお題に思えるが、探すと割とあった。 水にまつわる曲 ピアノ曲 モーリス・ラヴェルには「水の戯れ」とストレートにそういう題のものがあったり、「夜のガスパール」の第1曲「オンディーヌ」は水の精霊を指すし、「鏡」の第3曲は「海原の小…

大切な人に贈りたい曲 #30DaySongChallengeクラシック版 10日目

例えば恋人や配偶者など個人に対して贈るものについては、あまり長い曲ではない小品がいい。編成は、ピアノ以外で独奏だと鑑賞に耐えうるクオリティでの演奏や、そもそも曲が少ないので難しいので、ピアノ伴奏がつくのが望ましい。声楽ならば独唱でも形にな…

#指揮してみたい作品10選

本日は2本立て。 30日チャレンジの9日目について記事を書いた後に思いつき、Twitterの相互フォロワーの方が作ったハッシュタグに便乗して記事を書くことにした。 #指揮してみたい作品10選 だと、ニューイヤーコンサートみたいなプログラムを作れないので、#…

ソナタといえば? #30DaySongChallengeクラシック版 9日目

なかなか暖かくならない4月であるが、仙台市青葉区の週間天気予報を見ると20℃を超える日も多くなる様だ。ただ、最低気温はまだ10℃以下の日々が続く。体を冷やさないように布団と毛布はまだ必要だ。 さて、今日のお題はソナタ。ヴァイオリンやピアノにとって…

誰かと一緒に弾きたい曲 #30DaySongChallengeクラシック版 8日目

春季休業が長引き、更にはオンライン授業で在宅時間が長くなることによりセイアK津が乱れている。なんとかして生活にアクセントを加えて、決まった時間に寝て起きる、これに近いことをしたいところである。 誰かと一緒に弾きたい曲 ピアノとの合奏 弦楽四重…

自分のテーマソング #30DaySongChallengeクラシック版 7日目

このハッシュタグでブログを書き続けて7日目になる。そこそこ書く力は付き始めている実感がある。 お題の中には曲を思いつこうとひねり出しにくかったり、解そのものが限定されるお題があったりと難しいものが少々ある。 #30DaySongChallengeクラシック版参…

春に聴きたい曲 #30DaySongChallengeクラシック版 6日目

春に聴きたい曲、というお題である。 こんなときに聞きたい、というのはあまり考えたことないし、その時聞きたい曲を聞いているので改めてそういうふうに考えるのは苦手だ。 また、「春」という表題の付く曲を選ぶというのも安直であるし、それ以上に、表題…

dolceな曲 #30DaySongChallengeクラシック版 5日目

dolce…意味を確かめてみよう。 ja.glosbe.com 甘い、デザート、可愛い…音楽の表情記号での意味−甘美に−はこれに由来する。 今回はそれぞれの意味に沿った曲を紹介しよう。 dolceな曲たち 甘美な曲 デザート代わりの一曲 可愛い曲 dolceな曲たち 甘美な曲 前…

人生を変えた曲 #30DaySongChallengeクラシック版 4日目

#30DaysSongChallengeクラシック版 をお題にしてブログを書いているときもそうだけど、なにかテーマを設定してそれに合致するような曲やCDを考えるのは結構楽しい。つい数時間前にもTwitterでクラシック音楽を通して知り合った方々と通話していたのだけれど…

今まで一番聞いた曲 #30DaySongChallengeクラシック版 3日目

疫病のために我々が在宅を強いられている中、Twitterではあらゆるハッシュタグが作られてそれについてツイートをしシェアをすることで退屈を凌いでいる。 タイトルにいただいている #30DaySongChallengeクラシック版 もその一つである。わたしは一つのツイー…

初めて買った曲 #30DaySongChallengeクラシック版

初めて買ったクラシック音楽のCDや楽譜を紹介しよう。 初めて買ったCD 初めて買った楽譜 初めて買ったCD 指揮:ヴァーツラフ・ノイマン、管弦楽:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によるグスタフ・マーラー:交響曲第5番 ハ短調だった。 Mahler: Symphony N…

憧れのピアノ三重奏曲 #2020年3月7日ラヴェル145歳の誕生日でお祝いしましょう

新型コロナウィルスの影響によるコンサートやイベントの自粛の中、本日3月7日はびわ湖ホールはプロデュースオペラ「神々の黄昏」の無観客上演をYouTubeで放映した。 わたしは日頃の不摂生で昼夜逆転生活が続いており、起床したのが17時。「黄昏」の第3幕開始…

クラシック音楽、未聴音源が山のようになる問題〜未聴音源ができる理由と結び

前回の記事では、聞き手の成長とは、そのとき聞いた実演奏や音源がたとえ駄演凡演であったりいい演奏だけど気に入らなかったとしても次も聞こうと思う意欲を持ち続けること、とした。今回は、そうした聞き手の成長がどう未聴音源の発生や増加を促すかについ…

クラシック音楽、未聴音源が山となる問題〜聞き手の成長とはなにか

シリーズの記事としては4日ぶりの記事となる。前回の振り返りをしておこう。 聞き手の成長となる要素は2つあり、1つは知識やその獲得、もう1つはCD動画の視聴及びコンサート鑑賞などの視聴経験やその蓄積である。その2つは両輪の存在であり、どちらが欠けて…

#新春ブラームス祭

未聴音源はわたしも多く抱えていて、ドイツ・グラモフォンから出ているブラームス:作品全集もその中の一つである。特に声楽曲に未聴のものが多い。 ピアノ小品も室内楽も良作ばかりなのだから声楽曲もいいものばかりに違いがなかろうに、勿体ない。機会を設…

クラシック音楽、未聴音源が山となる問題〜聞き手の成長を構成するものとは 編

【前回のまとめ】軽音楽が編集技術の向上や記録媒体の発展にかかわらず一曲の長さにはそれらの要素は影響しないので一曲の長さは変わらず、更にはサブスクリプションサービスの展開で音源購入の必要すらなくなった。クラシック音楽でも編集技術の向上や記録…

クラシック音楽、未聴音源が山となる問題〜導入編

未聴音源が溜まっていくのはクラシック音楽ファンにはよくある話である。 5ちゃんねるクラシック音楽板には、旧2ちゃんねる時代から続く「未聴CDの山を見て人生の残り時間を考える」というスレがあり、その歴史は2004年10月22日から始まり、現在まで29スレッ…