無限/夢幻の箱庭

言葉の数だけ世界は拡がる

サークル名 #艦これはみんな仲良く 『広義の艦これ本①』

 

作者は小岡賢治(Twitter@kenjikooka ) さん。趣味はダイビングで、Twitterでは食事や旅行先やダイビングで撮った写真をアップロードしてます。その他のツイートではサークル名の由来となった #艦これはみんな仲良く#広義の艦これ というハッシュタグをつけてツイートしていたりします。この本はその #広義の艦これ から題材を取材したものになっています。

f:id:schumannian:20191230015541p:plain

広義の艦これ本①

そもそも、 #広義の艦これ というのはなんでしょう?背表紙に定義(?)が書いてあるのでそれをそのまま引用します。

 

広義の艦これ」とは、DMM GAMESが提供するブラウザゲームである「艦隊これくしょん-艦これ-」そのもの(「狭義の艦これ」)のみならず、狭義の艦これに関連す公式/非公式の二次創作、人物、コミュニティ、コンテンツ、イベント、事件などを含む包括的な概念である。

 

「過激派」と呼ばれている艦これTwitter界隈の極一部で盛り上がっている話題であり、端的に言えば、その界隈によって炎上させられた物事や人物などのことを良くも悪くもエンターテインメントの対象として楽しむことでありましょう。よく、人の不幸は蜜の味とかメシウマとかいうでしょう?そう、艦これTwitter界隈過激派にとっての蜜の味なのです。(「そんなの下劣だ」って?何モラリスト振ってるんですか?表には出さずとも内心ではそう思うことが誰にでもあるものです。それを表に表した、その差だけなのですよ。)

 

さて、話をそのまま文章で再現しない程度に内容に触れていきましょう。

項目としては2つ、7ページの本編と2ページに3本掲載されている4コマ漫画(と両面印刷のペーパーに掲載されている3本の4コマ漫画)という構成になっております。

まずは本編から。艦これのリアイベやオフ会などで迷惑をかけている厄介な人物とされている(アンダーライン重要!)キャラクターを主人公にして、Twitterで知り合った女性とのオフパコを物語としています。主人公抜刀S○Iの願望とされていることが実った世界線で、Twitterで観測されたとされている現象に登場したと思われる人物をうまく混ぜ合わせることで、 #広義の艦これ 同好者を大いに笑わせてくれます(さてはてなんのことだか全然わからない方もいらっしゃいましょう。そもそも同人誌とは、同人つまり同好者のために同好者によって作られる本であります。同好者の間で内容が伝わればそれで十分なのです)。

4コマ漫画は、短いながらも艦これTwitter界隈で観測されたとされている現象と思われることを艦これのキャラクターとされるものを使ったりしてうまくまとまっています。

注にまでユーモアが溢れています。

 

本来の意味での同人誌です。正に同好者にとっては最高の一冊でありましょう。

 

※何故断定調を取らず、わざわざアンダーラインをつけてとされているとかと思われると書いているのかですって?小岡さんも奥付の注で書いております。

 

※この物語は、フィクションです。実際の人物、団体、事件、施設、飲料、C2機関とは、一切関係ありませんけど。

 

、と。最後の「けど」が気になるところではありますが、あくまでもフィクションなのです。同好者なのでそこは同意しなければなりません。誰のこととか言わない。