無限/夢幻の箱庭

言葉の数だけ世界は拡がる

月並みだけど、今年を振り返る〜音楽活動が充実した平成31年・令和元年

【音楽活動】

去年の12月から、フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調 全曲を習うことを目的にヤマノミュージックサロン仙台に入会、ヴァイオリンのレッスンを始めた。このことは以下の記事から始まるシリーズ(明日以降続編を投稿)を参照してもらうとして、3月から第1楽章、第2楽章、10月下旬に行われる発表会で取り上げる第4楽章、第3楽章の順に習っていった。1曲みっちり練習してレパートリーに取り入れるのはソナタでは初めてのことで、これはこれから楽器を弾いていく上で自信につながっていくと思う。これからもいいアンサンブルができるように技術を磨いていきたい。

山野の企画でGo!Do!コンサートというのがあり、山野の生徒が様々な形態のアンサンブルに参加し、有名ホールで演奏できるというものである。2年おきに開催されるようで、前回は東京芸術劇場で行われた。初参加となった今年3月の会はサントリーホールで開催。

f:id:schumannian:20191231234522j:plain

サントリーホール舞台上1

仙台教室のメンバーはオーケストラに参加可能で、いつも客席から眺める舞台に立てる…これはやるっきゃない。再入学でそれほど金持ちではない学生にとって27000円という参加費は安くはないが魅力的であり、勧誘されたら二つ返事で参加することにした。これも詳細はまたあとということにしよう。

とにかく、3月10月と11年ぶりにオケで、9年ぶりに室内楽でのステージに立ててよかった。

【学業】

これが例年通り体調不良が続きあまりパッとしない。18年度後期は単位数としては振るわなかったけれど、なんとか卒業論文を提出する権利は得た。また、今年度前期でようやく全学教育で課せられた単位を揃えることができ安心している。あとは今年度後期で全単位取得できれば卒論以外の単位を揃えることができるという算段である。しかし、今年は一層体調が厳しい。1つ落として次年度前期に1つ残すことになるかも。

また、取り上げる題目を構想発表の直前に変えたり体調不良にて全く手がつけられなかったりで来期に延期することとした。ちなみに、次が在学できる年限としては端数の4ヶ月を計算に入れなければ最後となる。気を入れ直して取り組みたい。

【人間関係】

恋をしている。2週間前に告白して交際は断られたものの脈はあるらしい。好印象を維持し続けたいものだ。

Go!Do!コンサートでの共演者とは、メンバーの誰かが主催する飲み会には参加はしているものの、話が合わない印象。どうにかして打ち解けようとも思えないが、同年代の友人がいないので関係は維持しておきたいものである。どういうつながりで新たな関係が生じるかわからないものだから。

 

これで今年の振り返りとしよう。では良いお年を。

 

【おまけの動画】

やはり締めくくりとしては発表会で弾いたこの曲で。


Franck Violin Sonata #4 Movement Kyoko Takezawa 竹澤 恭子